2017.02.22

三寒四温

このところ、春一番や二番が吹いて、四月のような暖かい日が来たと思いきや、

次の日には10度くらい気温が下がったりしてアップダウンが激しいですね。

こういった気候はまさに三寒四温というのかなと思い、調べてみました。

 

三寒四温とは冬の時期の気象現象を意味していて、3日間くらい寒い日が続いたあと

4日間くらい暖かい日が続く。

そしてそれを繰り返すという意味です。

もともと中国東北部や朝鮮半島北部などで、冬の時期の寒暖の周期の変化を表す言葉

として使われる言葉だそうです。

それがそのまま日本に伝わってきたのですが、日本ではこの三寒四温の現象が起こるのは

真冬ではなくて春先である事が多いのです。

そのため、もともと三寒四温とは冬の季語で、2月の挨拶に使われるのが一般的だそうですが、

最近では3月から4月にかけて春に向けてだんだん暖かくなっていくという意味合いで使われる事も

多くなってきているようです。

 

挨拶の文例としては

「三寒四温と徐々に暖かくなる今日この頃」

「三寒四温の季節、皆様におかれましては」

「三寒四温と言われる季節、そろそろ梅のつぼみも」

 

こういった四字熟語をさりげなく使えると素敵ですね!

 

相談無料!お客様の好みで選べる無料面談

直接会って相談がしたい方にオススメ

専門スタッフが直接面談

来店予約

きめ細かな保険相談をご希望の方に最適です。

来店予約は専用ページからすぐに登録が可能、FPなど保険の専門家がお客様のご要望をじっくりとお伺いしてあなただけの最適プランをご提案いたします。

来店するのが難しい方にオススメ

どこでも面談可能

LINEでWeb面談

忙しい、来店ができないという方に最適です。

LINE専用ページからすぐにお友達登録が可能、登録が完了した希望の日時を送信するだけ。専門スタッフがLINEのテレビ通話で丁寧にご対応させていただきます。