2014.05.12

年金「75歳から」受給も。。。。。

今年は5年に1度年金制度の持続性を点検する年だそうです。

厚生労働相は公的年金の受取開始年齢について、個人の判断で75歳まで

延ばせるよう検討する方針を明らかにした。現在は65歳まで開始年齢を引き上げて

いる最中で、個人の判断で70歳まで遅らせることが可能だそうです。

個人の判断で、受給を遅らせることで毎月もらえる額が増える。

そうでしょうか?遅らせたことで受給年数が減ってしまうのではないでしょうか?

確定年金のように、10年保障とか確実にうけとれる年数が約束されるのであれば、

個人の判断で、75歳まで伸ばせるようにすることも一案かもしれません。

 

年金は生きている間はず~と受給できますが、自分の寿命は分かりません。

老後の生活を支える年金が、賭けのようなものではいけないと思います。

国も個人もどちらも成り立つように、年金改革論議を戦わせてほしいものです。

 

相談無料!お客様の好みで選べる無料面談

直接会って相談がしたい方にオススメ

専門スタッフが直接面談

来店予約

きめ細かな保険相談をご希望の方に最適です。

来店予約は専用ページからすぐに登録が可能、FPなど保険の専門家がお客様のご要望をじっくりとお伺いしてあなただけの最適プランをご提案いたします。

来店するのが難しい方にオススメ

どこでも面談可能

LINEでWeb面談

忙しい、来店ができないという方に最適です。

LINE専用ページからすぐにお友達登録が可能、登録が完了した希望の日時を送信するだけ。専門スタッフがLINEのテレビ通話で丁寧にご対応させていただきます。