2022.01.19

老後の生活設計について提案

最近、お客様に介護保険をご案内する機会が増え、老後の生活設計について考えることが多くなりました。

数年前に話題となった老後2,000万円問題などもあり、将来の生活設計に漠然とした不安を抱えている方も

多いと思います。

そん中、私自身の老後生活設計のイメージは、「できるだけ長く働き、年金は繰り下げ受給する」です。

できれば70歳から75歳くらいまで働けたらいいなと思っています。

これは、仕方なく働くということではなく、60代後半から70代くらいだと若々しい方が多いので、

この年代で年金生活になるのはもったいない、社会とかかわりを持ち、何らかの社会的貢献ができればいいな

と感じるからです。

しかも、70歳まで年金を繰り下げれば、65歳で受給開始するよりも42%も年金が増えます。

仮に私の年金が65歳から受給すると15万円だとすれば、70歳に繰り下げるとなんと21万円になります。

こうしておけば、万一介護状態になっても、介護の選択肢が増えるので家族の負担も減ります。

さらに民間の介護保険や預貯金があれば、有料老人ホームだって選べるかもしれません。

このように「できるだけ長く働き、年金を繰り下げ受給する」ことは、老後の不安を払拭する一助となりますので、

お客様にもおすすめしています。

ただ、そのためには今から健康管理に気を配り、長く働ける身体づくりが大切だなと思います。

相談無料!お客様の好みで選べる無料面談

直接会って相談がしたい方にオススメ

専門スタッフが直接面談

来店予約

きめ細かな保険相談をご希望の方に最適です。

来店予約は専用ページからすぐに登録が可能、FPなど保険の専門家がお客様のご要望をじっくりとお伺いしてあなただけの最適プランをご提案いたします。

来店するのが難しい方にオススメ

どこでも面談可能

LINEでWeb面談

忙しい、来店ができないという方に最適です。

LINE専用ページからすぐにお友達登録が可能、登録が完了した希望の日時を送信するだけ。専門スタッフがLINEのテレビ通話で丁寧にご対応させていただきます。